teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. スローガンを募集!!(20)
  2. 身近に聞いたパチンコの問題を語る(18)
  3. パチンコアドバイザー(20)
  4. 足あと帳(24)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


中国人グループが日本人と違ってパチンコ店で儲かる、ゴトではない、不正な理由は?

 投稿者:小坂先生と一緒にパチンコを潰そう!?  投稿日:2016年 6月 7日(火)00時05分57秒
返信・引用
  世界でも勤勉で真面目だと言われている日本人は、いったんパチンコにはまり出すと、日頃のストレスからパチンコにのめり込み、しかも、店の思う通りに真面目に打ってしまうので、どんどん大赤字になってしまいます。
そして店側は、例えば入賞口をいじるなどで、わざと抽選までの投資金額を増やそうとします。でも、このままでは、まんま大赤字になってしまいますよね?

中国人グループは、店も不正を行うなら、自分達も不正でし返そうと考えます。具体的には、回収額を増やそうとします。

パチンコは、どうも、当たると、当たり専用の入賞口に玉が1発入るごとに10発前後返ってくる仕組みのようです。そして、専用の入賞口に何玉か入ると、それ以上は入れられなくなるそうです。その入れられる玉数は決まっているのですが、それを、例えば最後の玉だけ数発まとまった状態を無理やり作ることで、決められている玉数以上の玉を無理やり入賞口に押し込むことが可能なんだそうです。
そうなると、本来決められた獲得できる賞球数以上の玉を獲得でき、換金額が必然的に増やせるらしいのです。

この手口を使って、中国人グループは、儲けを実際に得ているのだとか。もちろん、警察などからは推奨されない遊び方であり、確認をとってませんが、違法に近いラインではあるようです。これは、一般的に知られているゴトとはまた違うやり方です。

https://youtu.be/A76uI9Qhjgo

 
 

◆「遊技機制御」否定工作の変遷

 投稿者:伸 介  投稿日:2016年 6月 6日(月)07時20分35秒
返信・引用
 
 ◆
「遊技機制御」否定工作の変遷
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

◆実態がギャンブルであるパチンコ最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、
パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠しています

★管理装置(以下「ホールコン」)は始めて登場した
1970年代以来、約40年間程パチンコ客にその存在が知られることはありませんでした。「当り」の出現に違和感を感じ様々な文献を調査した一部の者が、遊技機を制御するホールコンの存在を承知しネット上で指摘すると、ネット上の工作員と思われる者達は「妄想である」と主張していました。

 ●こうしてホールコンの存在は実に
40年間程も否定され続けました。
時が流れ、インターネット上で自社のホールコンを宣伝する必要にせまられたホールコンメーカー等が、HP上で自社製品の宣伝を始めました。
ネット上の工作員たちは
「ホールコンはデータ受信専門」と主張しました。

 ●筆者が
2年ほど前に特許文献から具体的にホールコン等の機能を紹介すると、工作員達は「ホールコンは受信専門」「遊技機制御技術の特許はあるが実用化されていない」等と主張しました。

 ●その後さらに多くの遊技機制御技術及び特許権利者の特許に対する対応が判明しました。
特に遊技機制御に関しては、技術のIT化が進み『改造も必要としない』、『摘発に際して証拠の残らない』『ICメモリ上に登録した台の当り制御技術』や、『ソフト(コンピュータープログラム)使用による遊技機制御技術』等が判明しました。

 ●改造を必要としない遊技機制御技術の普及が推測される状況で、パチンコ業界が立ち上げた「遊技産業健全化推進機構」が
2007年から、「不正改造の摘発」をスローガンに掲げた立ち入り検査をはじめました。

 

 ●立ち入り検査による「改造」発見意図は、古い設備店を確認し、改造の必要がない新しい遊技機制御技術の早期普及が狙いであり、遊技機の制御実態が暴露される危険性をなくすことを意図した検査と推察します。

 ●この『改造摘発スローガン』と相前後するかのように、ネット工作員たちの主張は「不正機器はすべて改造である」として、彼らの遊技機制御否定のキーワードが『改造』に変化しました。

◆筆者は、『改造を必要としない遊技機制御技術の普及』と、『改造摘発スローガン』を掲げる団体の意図や、ネット上で暗躍するネット工作員と思われる者達の「改造」を理由とする遊技機制御否定工作に強い関連性があると確信しています。

 ●「遠隔摘発事案」が消える時は、不正の証拠が残らない遊技機制御技術が完全普及に至った時であり、巨悪の笑いが止まらなくなる時なのです。
2008/06/28

◆「★客が知らない遠隔制御」:by 伸介

     *************************

http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/fuseiyurusazu/MYBLOG/guest.html

 

パチンコ店の露骨なぼったくりの手口

 投稿者:小坂先生と一緒にパチンコを潰そう!?  投稿日:2016年 6月 5日(日)22時23分36秒
返信・引用
  本日、情報網を通じて、パチンコ店の不正な手口が明らかになりました。
下のURLで明らかになった入賞口問題ですが、その証拠となる写真の入手に成功したのです。
この画像は、パチンコ玉が、入賞口の釘の上に乗っかったまま、全く落ちない場面です。
パチンコは、お金で玉を買い、その玉を入賞口に入れて抽選し、抽選に当たったら玉を大量に獲得できるゲームと言われています。しかし、写真のようなパチンコ台では、全く抽選ができませんね。いわゆるボッタクリですね。
パチンコで儲けようと考えているお客さんたち、これを見たらどう思うでしょうか?

おかしいと思ったら、どこかに訴えるしかありませんね。

http://mainichi.jp/articles/20151224/k00/00m/040/121000c

 

◆銭儲けとパチンコ業界の自信

 投稿者:伸 介  投稿日:2016年 6月 5日(日)22時13分15秒
返信・引用
 
  ◆
銭儲けとパチンコ業界の自信
  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Q:■>『特許文献は業界として一般人には隠したいはずですが、技術内容がばれてしまうと言うリスクを侵してまで、特許出願~特許登録にこだわるのはどうしてと思われますか?』

A:◆一言で言えば、皆さんご承知の「銭(ゼニ)儲け」です。
「銭儲け」と「客に隠したい技術漏洩リスク」を天秤にかけた結果、「ゼニ儲け」を優先しているのです。

 ●開発した技術が「特許権」を取得するか否かは会社の命運を左右しかねない。
結果的に「特許権」が会社の業績を左右します。

★「客に隠したい技術漏洩リスク」よりも「ゼニ儲け」を優先しているのは、不正はバレないと考えたパチンコ業界の自信の表れです

 ●「遊技機制御用チップ」照合ID不符合時の、ROMプログラム保護をタテマエとした不正証拠隠ぺい技術の自信。

 ●インターネット上に動員する優秀(?)な工作員による、否定工作を含む各種工作の自信。

 ●政治家・監督官庁・マスコミ・遊技機検査機関に対する影響力行使の自信。等々

◆パチンコ最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠しています。
遊技機の制御実態を隠し続けるパチンコ業界の不正は、何時の日か公に広く知れ渡るとともに厳しく断罪されなければなりません

◆関連発言:
 ●最大偽装事案[パチンコの偽装]:
http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-10.html
 ●不正遊技機の存在とその証拠:
http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-16.html


「★客が知らない遠隔制御」:by 伸 介
 **********************
http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/

http://blogs.yahoo.co.jp/fuseiyurusazu/MYBLOG/guest.html

 

 

パチンコ業界は何も北朝鮮だけの資金源ではない!?

 投稿者:小坂先生と一緒にパチンコを潰そう!  投稿日:2016年 6月 4日(土)23時40分22秒
返信・引用
  パチンコと言えば北朝鮮の資金源というイメージが定着しているようですが、実は、もう一カ国パチンコで儲けてる国があります。
あの中国です。しかも、客として。何人かのグループで打ちに行っては儲け、日本に税金も払わずに、中国にいる家族に儲けを送金しているようです。

日本の生活保護など、税金がこのような形で敵国に流出するとは、シャレになりませんね。


ちなみに、パチンコ廃絶に力を入れられてる小坂先生のブログもよかったらどうぞ。

http://kosakaeiji.seesaa.net/s/article/252192540.html

 

◆「政・官・業」癒着の巨悪

 投稿者:伸 介  投稿日:2016年 6月 4日(土)11時26分39秒
返信・引用
 
 ◆
「政・官・業」癒着の巨悪
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

http://www.youtube.com/watch?v=CH3L5ekmSY8&feature=related
(上記URL動画内のアナウンスについて):
Q:■>『色々と調べていくと、同じ業界と言っても、客に直接接するホール業界のみが諸悪の根源のように言ってきたが、その蔭に君臨する警察行政、カード会社、遊戯台メーカー、ホルコンメーカーがホール業界に不正制御を主導して、たかっている構図もあるのかな?と思う時もあるこの頃です♪ 伸介さんは、どう思われますか?♪』

A:★貴兄の見解に同感です(*^_^*)
パチンコ店が客の遊技結果を左右することが可能な不正遊技機の製作、保通協による遊技機認定、パチンコ店における客への不正遊技機供用の背後には、「政・官・業」癒着の巨悪が存在します。

 ●特に、現在のパチンコ業界は、遊技機メーカー・周辺機器メーカー・パチンコ店が一体となってイカサマの構図を形成しています。

 ●イカサマパチンコの原点は、「1988年(S63)警察庁が発表した「CR機構想」にあり、CR機制御技術の開発に目途がついた業界側と、脱税防止を建前とした警察庁との思惑が一致した産物と観ています。

 ●したがって、巷間伝えられている「パチンコ業界がCR機構想に反対した」旨の話は、業界全体が反対したとは考えられずパチンコ業界が流したガセ情報と確信。

◆動画内のコメントに出てきた財団法人「社会安全研究財団(※新名称は「日工組社会安全財団」下記URL)」には、巨悪の一端である隠された裏事業が存在すると確信します。
※「◆警察とパチ業界癒着の総本山」:
http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-21.html


◆関連発言:
 ●最大偽装事案「パチンコの偽装」

http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-10.html


◆「客が知らない遠隔制御」:by 伸 介
    ************************
http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/
 

◆イカサマに関する基本知識

 投稿者:伸 介  投稿日:2016年 6月 2日(木)14時58分12秒
返信・引用
 
  ◆イカサマに関する基本知識
 
  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

実態がギャンブルであるパチンコ最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠しています。

 ●パチンコ店は、客の遊技結果を意のままに制御可能な不正遊技機(※)を設置し客に提供しています。

不正遊技機とは
「風適法施行規則」第9条「著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準」が示す「遊技の結果が偶然若しくは客以外の者の意図により決定されるおそれが著しい遊技機」であり、これを根拠とする 「遊技結果がパチンコ店の意図で決定される遊技機」。

 ●不正遊技機となる根本要因は、遊技機メーカーの組合「日工組」が全ての遊技機に搭載する事を指定した「遊技機制御用チップ(※)」の存在にあります。

※「遊技機制御用チップ(下記URL参照)」:
http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-6.html
 ・パチンコ店(7号営業)に設置する遊技機の為に開発した遊技機部品。
 ・CPU、ROM、RAM 等の電子部品が装着され、それらの機能を一体化させた集積回路(LSI)。
 ・それぞれのチップは各個別IDにより管理し、第三者が内蔵ROMデータを確認できないように構成されています。
 ・外部信号の受信はCRユニットを介し、遊技機製作メーカーが認める管理装置(ホールコン)等外部装置の信号に限定し、遊技機制御用チップ「外部入出力手段(受信部)」で受信する方法を採っています。
 ・「日工組」は、LEテック社製「V4」又は、ジャパンアイディー社製「IDNAC」の搭載を指定。

 ●パチンコ&スロット遊技機の頭脳部「主制御基板(遊技機制御用チップ)」は、遊技機メーカーの認めた管理装置(ホールコン)等からの信号に限り受信可能な機能をもっています。

★遊技機が不正に制御される機能を保有する状況証拠は、遊技機制御用チップとホールコン等外部機器との通信により遊技機制御が可能となる「遊技機制御技術(例:※)」の存在にあります。

 ※遊技機制御技術の例:
 ▲【特許第3909606号】(「ネット式制御」仮称)
http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-8.html
 ▲【特許第4060388号】(「ダイコク式制御」仮称)
http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-9.html

 ●上記特許登録例「ネット式制御」では「当り」の抽選確率に関して【管理装置からパチンコ遊技機に指示するだけで変更可能である。】の記述があります。

また上記技術に限らず、特許公開及び特許登録された全ての遊技機制御に関する技術は、遊技機が外部機器等からの制御信号を受信し制御される事により技術が成立しています。つまり、遊技機制御技術の存在は、遊技機が管理装置等外部機器により制御可能であることを証明しています。

◆パチンコ遊技機(台)には、客のパチンコ依存度を助長させるための技術(※下記URL参照)も搭載されています。
http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-23.html
パチンコ依存度を助長させる上記技術の背景には、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する事を可能とした「遊技機制御用チップ」の技術が深く関係しています。

 ●国民は、パチンコ店が客の遊技結果と精神状態をしっかりと管理・制御している事を認識する事が必要です。

※関連発言:
◆不正遊技機の存在とその証拠:
http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-16.html

◆隠された遊技機制御技術:

http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-24.html



◆「★客が知らない遠隔制御」:by 伸 介
            *************************

http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/fuseiyurusazu/MYBLOG/guest.html
 

◆パチンコの現状と社会の腐敗

 投稿者:伸 介  投稿日:2016年 5月30日(月)15時00分34秒
返信・引用
 
  ◆
パチンコの現状と社会の腐敗
  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

◆実態がギャンブルであるパチンコ&スロット最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠し続けています。


 ●パチ店が収益を上げる為に「商品」とも言うべき「当り」を管理・制御することは当然な事です。しかし、多くの客は管理制御の実態について知らされる事も気付く事もなく今日に至っています。


★多くのパチンコ客はパチンコ店現場において、確率的に極めて珍しい連荘や大ハマリを目にします。又、グループ化されていると思える「当り」が発生する事に「何か」があると考えても、それが「何故か?」を考える客は極少数です。


 ●パチンコ雑誌やネット上では、「○万勝った」「収支はプラス」「確率が云々」等と射幸心をくすぐる宣伝を行いパチンコ店に客を誘導します


 ●パチンコ店に誘導された客は、サクラやサクラ代用客に大量の「展示用出玉」を見せ付けられ、「自分にも」と射幸心を煽(あお)られています。


 ●次回来店を促すホールは、初心者と判断される客に対しては常連客化を期待したビギナーズラックを、また、常連客に対しては「生かさず殺さず」3~5回に1回程度経営貢献への褒美として勝たせる。


 ●パチンコ店の遊技機(台)は、管理装置(ホールコン)に接続され「当り」発生をコントロールされています

客の遊技結果を意のままにコントロールする方法は「釘」ではありません。


★ギャンブルの親元パチンコ店が、客の遊技結果を制御することは「イカサマ」と言います。

パチンコ業界は遊技機(台)の制御実態を隠し続け、イカサマ技術を使用することに倫理観を意識する事はありません。


 ●倫理観のない業界は社会全般を腐敗菌で汚染させています。したがって、先ずは腐敗菌をばら撒く根源を絶つ事が重要です。
 

 ●パチンコを止めることは、パチンコ業界への鉄槌。
パチンコ客はイカサマ技術使用によるエサの提供に騙されてはいけません

  (2008/04/23記)


◆関連発言:
 ●日本最大偽装事案「パチンコの偽装」
http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-10.html 

◆「客が知らない遠隔制御」by:伸介

http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/ 
 

◆実態を隠すパチンコ業界の罪

 投稿者:伸 介  投稿日:2016年 5月28日(土)22時19分11秒
返信・引用
 
  ◆実態を隠すパチンコ業界の罪
  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

◆パチンコ&スロット最大の問題点は、実態がギャンブルであるのに「遊技」と言い換えて、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに決定できる「イカサマ性」にあります。

パチンコ業界は、パチンコ店が遊技結果を決定できる不正遊技機(※)の制御実態を遊技客に隠し続けて巨利を得ています。

不正遊技機とは
「風適法施行規則」第9条「著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準」が示す「遊技の結果が偶然若しくは客以外の者の意図により決定されるおそれが著しい遊技機」であり、これを根拠とする「遊技結果がパチンコ店の意図で決定される遊技機」。

★国内で様々な偽装が発覚しましたが、最も胡散臭いパチンコにもやはり『偽装※』があり、1700万人とも言われるパチンコ客は騙されています。

最大偽装事案「パチンコの偽装」:

http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-10.html

 ●日本社会最大の偽装事案「パチンコの偽装」は、多くのパチンコ客が何らかの遊技機(台)制御に疑念を持ちながらも広く公になる事はありませんでした。
客はパチンコ店の手のひらで遊ばされているとも知らずに、パチンコ依存症や借金をしてまでパチンコに夢中になるのは「イカサマパチンコ」を知らないが故の悲劇です

★パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠し続け、パチンコ店には客の遊技結果を意のままに制御可能なイカサマ機能搭載機が堂々と設置されています。

 ●遊技機(台)が管理装置(ホールコン)等の外部装置により制御される根本要因は、パチンコ台の頭脳・心臓部として搭載されている「遊技機制御用チップ(遊技制御基板※)」にあります。

※「遊技機制御用チップ」とは:
パチンコ店(7号店)に設置する遊技機のために開発した遊技機部品。CPU、ROM、RAM 等の電子部品が装着され、それらの機能を一体化させた集積回路(LSI)。
全てのチップはID(識別番号)により個別管理され、第3者がプログラムを確認できないように構成しています。
外部信号の受信は、CRユニットを介し受信し遊技機を製作したメーカーが認めたホールコン等の外部装置からの信号に限定し許可される。


 ●この「遊技機制御用チップ」は、遊技機メーカーの組合(日工組)内規により、全てのパチンコ&スロット遊技機に搭載する事を指定されています。

※関連発言「遊技機制御の根幹技術」:
http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-6.html
この「遊技機制御用チップ」は、遊技機(台)を外部から制御する遊技機制御技術(※)を誕生させました。

※遊技機制御技術の例:
 ●「ネット式制御(仮称)」:下記URL参照
http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-8.html
 ●「ダイコク式制御(仮称)」:下記URL参照
http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-9.html


イカサマパチンコは様々な害悪、特に、パチンコ依存症を生みパチンコをするための借金に起因する犯罪を誘発しています。
パチンコ業界が遊技機の制御実態を隠し続け、長年にわたり客を騙し続けてきた罪は極めて重く、厳しく断罪されなければなりません。


※関連発言「不正遊技機の存在とその証拠」:
http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-16.html

「★客が知らない遠隔制御」by:伸介
 ***********************

http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/

http://blogs.yahoo.co.jp/fuseiyurusazu/MYBLOG/guest.html
 

◆「特許プール」と否定工作

 投稿者:伸 介  投稿日:2016年 5月26日(木)15時25分47秒
返信・引用
 
  ◆
「特許プール」と否定工作
  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

◆実態がギャンブルであるパチンコ&スロット最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を制御するその「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠しています。
この業界は過去にその弱点であり客に隠し続けるイカサマ技術の特許を「特許プール※」で管理していたのです。

※「
特許プール」とは:
ある技術にかかわる特許を保有する会社や団体が集まり、特許使用料のやり取りを一括して管理する方式のこと。 開発した技術を有効に活用する事による産業の発展が本来の目的。

★ パチンコ&スロット遊技機は様々な特許技術の集合体です。
パチンコ台はその誕生以来1950年代まで特許紛争が繰り返され、パチンコ業界はこの反省から1959年「日本遊技機特許運営連盟(以下、日特連)」を立ち上げました。
そして、パチンコ業界メーカーが共同で特許権を持ち寄って「日特連」が管理し、前述の「
特許プール」でお互いに使用し合っていたのです。

 ●ところが「日特連」は、1997年に公正取引委員会から、メーカー間の競争を制限し、新規参入を妨害しているなどを理由に排除勧告を受け同年解散となりました。
ここに、
30年近くにわたりパチ業界の談合、闇カルテルを取り仕切っていた組織が形の上では消滅しました。

 ●しかし、果たして現在は取り仕切る者がいないのか真相は不明ですが、裏事業と確信する
「産業財産権の運用」と称してパチンコ業界の特許管理により収益を上げている団体(「日工組社会安全財団」※)が存在します

※関連発言「警察とパチ業界癒着の総本山」:
http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-21.html

★インターネットが普及した現在は、遊技機制御に関する技術も「特許文献」として誰でも見る事が可能になりました。
業界が開発し隠し続けてきたイカサマ遊技機制御に関する情報もネット上に漏れています。

 ●この為、パチンコ業界の工作員と思しき連中が業界の弱点をカバーするためネット上で暗躍しています。連中は、漏れた情報に対する「火消し工作」として、開発した全てのイカサマ技術が使用されていない事を滑稽に主張しています。

 ●遊技機メーカー等は、会社の生き残りをかけて会社を挙げて技術を開発します。
開発した技術により利益を生み経営に貢献させ会社を存続させることができるのです。

 ●会社を挙げて開発した全てのイカサマ技術を理由も説明せずに『使用していない』の主張は通用しません
客の遊技結果を左右するイカサマ技術使用に関して、『法の改正後使用』や、『ゲームセンターで使用』等の主張は常識ある大人には通用しません。

 ●過っては特許権を重視していたパチンコ業界、現在は『イカサマ特許技術は使用していない』と主張します。
読者の皆さんは、イカサマ技術を覆い隠そうとする否定工作に騙されてはいけません!


◆関連発言:
 ●日本最大偽装事案「パチンコの偽装」:

http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-10.html
 ●不正遊技機の存在とその証拠
http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-16.html

◆「客が知らない遠隔制御」by:伸介
 ***********************

http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/fuseiyurusazu/MYBLOG/guest
 

レンタル掲示板
/140